【PUBG】「Vectorの性能や使い方まとめガイド」Vectorの性能とリコイル、おすすめアタッチメント等について

「Vectorの性能や使い方まとめガイド」Vectorの性能とリコイル、おすすめアタッチメント等について


Wacky Jacky氏がサブマシンガンであるVectorについて解説していたので翻訳紹介します。

簡単なまとめ
  • Vectorの性能とリコイル(反動)について
  • Vectorのアタッチメントはどれを選ぶべきなのか
  • Vectorの射撃モードについて
  • 実際にVectorをどうやって使えば良いかについて

スポンサーリンク


1: 海外のパブジープレイヤー

Vectorの性能や使い方解説するよ。

2: 海外のパブジープレイヤー


(動画内0:28~)
今回は以下の4つについて解説していくよ。
・Vectorの性能とリコイル(反動)について
・Vectorのアタッチメントはどれを選ぶべきなのか
・Vectorの射撃モードについて
・実際にVectorをどうやって使えば良いかについて

3: 海外のパブジープレイヤー


(動画内0:40~)
Vectorの性能について
1発あたりのダメージは33
・ベストLv1、23ダメージ
・ベストLv2、20ダメージ
・ベストLv3、15ダメージ
マガジンが無くなるまでの時間 1.4s(25発)
瞬間最高火力は600(UMP9は380)
・ベストLv3をつけている人を倒すのにかかる時間は0.3秒だよ(AKMと一緒)
弾速は300m/s(VSSよりも30m/s遅い)

4: 海外のパブジープレイヤー


(動画内1:28~)
Vectorのリコイル(反動)について
リコイル(反動)は比較的に横ブレが少なく優れている。
10発までは安定していますが、それ以上は予測不可能になり制御が困難になります。

5: 海外のパブジープレイヤー


(動画内1:42~)
Vectorのアタッチメントについて解説するよ。
マガジンは大容量クイックドローがおすすめだよ。弾を13発から25発に増やしてくれるからね。
価値を作るためにバーティカルフォアグリップとタクティカルストックが必要。(グリップとストック部分はこれしかつけられない。)
サイトはレッドドットサイトがおすすめ。(ホロサイトは視界を妨げてしまうからね。)

6: 海外のパブジープレイヤー


(動画内2:30~)
サプレッサーとコンペンセイター(補正器)の反動と銃声を比較するよ
コンペンセイター(補正器)はサプレッサーと比べると反動がかなり抑えられている。
コンペンセイター(補正器)は400mまで聞こえ、サプレッサーは90mまでしか聞こえない。

サプレッサーはVSSのような静かさで、コンペンセイターは反動を大幅に下げてくれる。どちらがいいかはプレイスタイルによって変わるよ。

7: 海外のパブジープレイヤー


(動画内3:52~)
Vectorの射撃モードについて

フルオートは、本当に近距離での戦闘で使うべきだね。距離にしたら3メートルくらいで腰だめうちが良いよ。
3~25メートルの戦闘でもフルオートは使えるよ。この場合だとADSで戦うのが良い。
25~100メートルの戦闘だとバーストが良いね。
100メートルから遠い距離の戦闘だとシングルを使おう。
忘れないで欲しいのは、フルオートをデフォルトで設定しておいた方が良いということ。バーストモードのままにしておかないように。

8: 海外のパブジープレイヤー


(動画内4:45~)
ゲームプレイでどうVectorを使えば良いかについて

セミオートのスナイパーライフルか、4倍スコープが付いているアサルトライフルと組み合わせると良いよ。
ショートレンジの腰だめ武器としてVectorはとても強いよ。
弾速はとても遅いから100メートル付近の敵と戦闘するのは難しいかな。
25メートルまでならとても良いパフォーマンスが出せるよ。

管理人

Vectorは近距離で強いSMGですね。遥か昔のPUBGではフルカスだと最強レベルの武器でしたが、2017年10月頃に弱体化されました。しかしAR+SRの組み合わせで武器を確保できない時は、現在も選択肢の一つとしては有効かもしれません。

Wacky Jacky氏への感謝のチャンネル登録は忘れずに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。