【PUBG】ダウンしてから死ぬまでの時間について

【PUBG】ダウンしてから死ぬまでの時間について


PUBGのソロとデュオ・スクアッドの大きな違いの一つに、「致死量のダメージを受けた際に即死するかどうか」というものがあります。

ソロで致死量のダメージを受けた場合は即死し、その時点でおしまいです。

一方、デュオ・スクアッドでは致死量のダメージを受けてしまった後、ダウン状態となります。

ダウン状態について
  • 味方に復活してもらう事によって、瀕死状態として再びプレイを続行できる
  • ダウン状態の間は一定間隔でダメージを受け続け、蘇生してもらえなければ最終的に死ぬ
  • ダウン状態に陥った回数に応じて、ダウン後から死ぬまでの時間は短くなっていく

そこで「ダウンしてから死んでしまうまでの時間は、それぞれの回数でどれくらいなのか」について検証しました。

ダウンしてから死ぬまでの時間

1ダウン目は長いが、2ダウン目からはかなり短くなる

ダウン回数死ぬまでの時間
1回目86秒
2回目25秒
3回目15秒
4回目10秒
5回目8秒
6回目8秒
7回目8秒
8回目8秒
9回目4秒
10回目4秒
11回目4秒
12回目4秒

ダウンから死亡するまでの時間を12回ダウン分まで測ってきました。

1ダウン目だけは死ぬまでの時間が別格に長いですが、2ダウン目以降はかなり短くなります。

今検証はダウン後に敵の攻撃を一切受けていない場合の話ですから、実戦ではもっと短くなる場合が多いでしょう。

ダメージを受ける間隔は周期的で、ダウン回数を重ねる毎にダメージ量が増加

ダウン後に受けるダメージは、じわじわ減っていくのではなく一定周期で受けます。

検証によって、「ダウン回数が増えていくにつれ、1回毎に受けるダウンダメージ量は全て増加していく」ことを確認しました。

表だけを見ると5~8回と9~12回はそれぞれ同じ時間ですが、1回毎のダウンダメージ量は異なっているということです。

HPを100として例えば

  1. 30ダメージ/回の場合、死ぬまでに4回のダウンダメージを耐えられる
  2. 33ダメージ/回の場合、死ぬまでに4回のダウンダメージを耐えられる
  3. 34ダメージ/回の場合、死ぬまでに3回のダウンダメージを耐えられる

という具合に、2番目は確かにダメージは増加していますが、端数HPがあるので1番目と死亡までの時間は変わらないということですね。

管理人

ちなみに9回目以降は3周期で死亡します。1周期で死亡するまで検証を行う予定だったのですが、2回目以降のダメージ増加がかなり緩やかでかなりのダウン回数が求められそうなこと、そもそも12回以上もダウンする人がいるのかということで、12回ダウンで検証打ち止めにしました・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。