【PUBG】「リーンには体を晒さない以上のメリットがある?!」手に当たった場合の必要弾数を検証からわかる事実

【PUBG】「PUBGのヒットボックスには改善が必要?!」手に当たった場合の必要弾数を検証


手のヒットボックスについてWacky Jacky氏が解説していました。今回も翻訳紹介をしておきます。

検証内容
  • 11種類の武器で検証
  • 手を撃った場合それぞれ何発必要か
  • 他の部分は図で解説

スポンサーリンク


1: 海外のパブジープレイヤー

手を撃つ時にどのくらい弾数を必要とするかを検証するよ。

2: 海外のパブジープレイヤー


(動画内0:52~)
プレイヤーがリーンをしている時の状態だ。
紫色の部分がベースダメージを与える箇所になっている。
5.56のアサルトライフルなら43ダメージを。
7.62のアサルトライフルなら49ダメージを与える事が出来る。
頭の部分はダメージが増える。
上半身の部分に当たってもダメージは増えるが、実際は腕と手によって覆われてしまっているために与えるダメージがかなり低くなってしまっている。
アーマーがない状態の敵を倒すために必要な弾数を検証してみようと思う。

3: 海外のパブジープレイヤー


(動画内1:34~)
最初はベースダメージを49も持っている強力なAKMから。
上半身の部分に当てれば2発で倒すことが出来るが、手に弾を撃ってしまったら8発もかかってしまう。
アーマーがないにも関わらずだ。

4: 海外のパブジープレイヤー


(動画内1:53~)
次はP18Cだよ。これは最高の例だね。
手を撃って倒す時に、15発もかかってしまう。
そして敵の上半身を手と腕が覆ってしまっている事を思い出してほしい。
この例であなたが10発の弾丸かそれ以下で倒そうとするには敵の腹と股を狙わないといけないね。

5: 海外のパブジープレイヤー


(動画内2:23~)
次はM416。
アーマーがない敵を倒すために必要な弾数は、相手が幸運の持ち主なら最大9発必要になる。

6: 海外のパブジープレイヤー


(動画内2:49~)
クロスボウはレベル3ヘルメットを着けていてもワンショットで倒すことが出来るが、アーマーがない状態で手を撃っても4発当てなくてはいけない。
腹を撃とう。

7: 海外のパブジープレイヤー


(動画内3:14~)
R1895は敵を倒すのに7発必要だから、リロードされた時に7発弾丸があるのは良いことだね。

8: 海外のパブジープレイヤー


(動画内3:44~)
このゲームで最も強力な武器でも手を撃つと3発必要だ。

9: 海外のパブジープレイヤー


(動画内3:54~)
M24では、4発の弾丸が必要だが、上半身に当たった場合には1発しか必要ない。

10: 海外のパブジープレイヤー


(動画内4:09~)
MK14では、6発の弾丸が必要だが、身体に当てた場合は2発だ。

11: 海外のパブジープレイヤー


(動画内4:21~)
KAR98Kであなたが決闘をする時に手を撃ってしまうと、敵を倒すためには5発の弾丸と狂った量を必要としてしまうために、とても酷い目に合う。

12: 海外のパブジープレイヤー


(動画内4:43~)
AUGは超低反動を持っているが、完璧なリコイルコントロールをして敵の上半身に当たると腕と手の両方に何度か当たってしまう。

13: 海外のパブジープレイヤー


(動画内5:08~)
そして最後はSKS。10発の弾丸を持っているマークスマンライフルだね。
手を撃つ場合7発の弾丸が必要とされる。

14: 海外のパブジープレイヤー


(動画内5:28~)
このヒットボックスは修正が必要なのは明らかだ。
弾丸が腕と手を貫通して身体に当たり、高いダメージを与える事が出来るはずだ。
その場合にはクリーンなショット(貫通無しで上半身に当たった場合)よりもダメージは低くないとダメだが、今の状態の腕と手は間違いなくレベル4のアーマーだ。

管理人

卍リーン最強卍
撃ち合い中のリーンは敵から見えにくい以上のメリットがあるようです。
Wacky氏チャンネルの登録は忘れずに。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。