【PUBG】手榴弾の爆発時間を調整する方法

【PUBG】手榴弾の爆発時間を調整する方法


昔のPUBGは左クリックを押し続けることで爆発時間を調整できたのですが、以前のアップデートにより投げ物の仕様が変更されました。

結構前のアップデートで変わった仕様なので、知っている人も多いかと思いますが、身内に知らなかった人(検証人Aさん)が居たので、共有しておきます。

手榴弾の爆発時間を調整する方法

構える(左クリック)→ピンを抜く(Rキー)

現在の手榴弾は構え続けても手元で爆発することはありません。

左クリックで構えている最中にRキーを押すことによってピンが抜け、爆発までの時間を調整することが可能です。

ちなみにRキーを押してからずっと左クリックを押して構えていると、手榴弾は手元で爆発します。

そのまま投げた場合

ピンを抜かないで投げると投げてから爆発までの時間が長いので手榴弾が転がったり、敵に逃げる隙を与えてしまいます。

ピンを抜いて時間調節して投げた場合

ピンを抜いて時間調節を行うと、爆発するまでが早いので手榴弾が転がって行かず、ほぼノータイムで敵の懐で爆発させることができます。

空中でも爆発させることができるので、爆発までの時間感覚を身に着け、工夫して投げると良いでしょう。

検証後記

手榴弾アスファルト転がりすぎ事件

掲載採用したそのまま投げたverの動画も結構後ろのほうにまで転がりまくってますが、管理人の素投げグレが下手過ぎたせいで、何回か撮り直しを行った結果、検証人Aさんを4~5回TKしました。

撮影終了後、ゲームをエンジョイした結果・・・

安置運がかなり良くずっと同じ場所で撮影ができ、最終パルスの一つ前頃から検証人Aさんと通常プレイに移ったところ、ドン勝取れました!

管理人

ちなみに「PUBGはダウンした回数が増える毎に、ダウン後の体力の減少が激しくなる仕様」のお陰で、検証人Aさんは途中でダウン&即逝きしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。