【PUBG】「M16A4は本当にバフされたのか?」前回のパッチとパッチ#13後のM16を比較

「M16A4は本当にバフされたのか?」前回のパッチとパッチ#13後のM16を比較


パッチ#13のM16の調整についてWacky Jacky氏が解説していました。今回も翻訳紹介をしておきます。

検証内容
  • バーストモードでのテスト
  • 単発撃ちでの反動テスト
  • バーストモードでのリコイルパターンテスト
  • 照準が元に戻るまでの時間比較
「ARのリコイルについて完全解析!」パッチ#12後のARを比較
【PUBG】「ARのリコイルについて完全解析!」パッチ#12後のARを比較
【PUBG】「パラシュートスキン・新スキン箱の追加とM16微バフ?」PC1.0#13 テストパッチノート解説

スポンサーリンク


1: 海外のパブジープレイヤー

最新パッチのM16A4が本当にバフされたかを検証するよ。

2: 海外のパブジープレイヤー


(動画内0:04~)
パッチ#13でM16A4の初弾の反動が減ったと書いてあって興奮した。
パッチ#12で最大のナーフを受け、他のアサルトライフルの水準についていけなくなったが、今回のパッチでどう変わったのか検証してみよう。

3: 海外のパブジープレイヤー


(動画内0:38~)
検証方法
・バーストモードの比較
・単発撃ちの反動テスト
・バーストモードでのリコイルパターンテスト
・照準が元に戻るまでの時間を比較
全部コンペンセイターが付けてある状態だよ。

4: 海外のパブジープレイヤー


(動画内0:50~)
まずはバーストモードのテストだよ。
パッチ#12とパッチ#13で10回ずつバースト撃ちを行い、反動を比較してみた。
私が見る限り、違いは殆ど無い。長い距離でのバースト撃ちが弱いのは変わってなさそうだ。

5: 海外のパブジープレイヤー


(動画内1:50~)
次は単発撃ちの反動をテストするよ。
最高地点と照準が回復した時の地点を測ってみたけど、前とほぼ変わらなくてかなりがっかりしたよ。

6: 海外のパブジープレイヤー


(動画内2:45~)
結果をさらに調べてみると小さな改善があり、最高地点の位置が前より減少していた。
フルカスタムのM416(バーティカルグリップ)と比べてみたけど、M16A4は後れを取っている。
まだまだタップ撃ちのためだけにM16A4に変えるという選択はなさそうだ。

7: 海外のパブジープレイヤー


(動画内3:22~)
次にリコイルテストをするよ。
M16A4のリコイル性能は、最新のバランスパッチで大きな打撃を受けた。ここでは改善がみられるかもしれない。

8: 海外のパブジープレイヤー


(動画内3:39~)
衝撃的な結果になった。
前よりかなり反動が強くなっている。

9: 海外のパブジープレイヤー


(動画内4:05~)
最後の希望として、照準が元に戻るまでの時間を比較しよう。
照準が止まるまでの時間は一緒だったけど、最初の位置には戻らなかった。
この動画でM16A4を祝うはずが、でっかいナーフを受けたという証拠になってしまった。

10: 海外のパブジープレイヤー


(動画内4:23~)
これが最新のアサルトライフルのリコイルパターンだよ。
これからも変更があった時は継続して比較していこうと思う。

管理人

バフされたはずがさらにナーフされていたとは・・・。
サイレント修正が入る可能性もあるので、M16好きの方はお祈りしましょう。
Wacky氏チャンネルの登録は忘れずに。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。