【プロデータ】「PJSα予選最多キルの男」sm0o0kyのデバイスと設定まとめ


【sm0o0ky】プレイヤー情報

プレイヤーデータ
種別プロゲーマー

sm0o0ky

sm0o0ky

チーム無所属
sm0o0ky
sm0o0ky
sm0o0ky

使用デバイス
キーボードCorsair KB324
マウスLogicool G302
マウスパッドRazer Goliathus Gravity Large
ヘッドホンCOUGAR CGR-U50MB-700
マイクMXL2003A
モニターASUS VG248QE

【sm0o0ky】PUBG設定

ディスプレイ設定
画面表示モードフルスクリーン(ウィンドウ)
解像度1920*1080
FpsCameraFov90
輝度100
画質設定
画面スケール100
アンチエイリアシング低い
ポストプロセス普通
シャドウクオリティ非常に低い
テクスチャ高い
エフェクト効果普通
植生非常に低い
描画距離普通
コントロール設定
マウスdpi720
一般状態での感度43
運転時の感度41
ターゲティングの感度35
スコープの感度35
2Xスコープの感度34
4Xスコープの感度39
8Xスコープの感度39
15Xスコープの感度37

【sm0o0ky】経歴

※2018年4月3日『野良連合』を脱退に伴い、一部追記修正。

sm0o0kyは『野良連合 Rosso Bianco』に所属していた元プロゲーマー。

彼はAVA,BF,LOLなど様々なゲームをプレイしてきましたが、そこでは特に目立った戦績はありませんでした。

しかしPUBGを始めてからは頭角を現し始め、プロゲーミングチームである『SunSister』に所属した後、『野良連合』へと合流し『野良連合 Rosso Bianco』として現在チーム活動を行っています。

2018年1月20,21日に行われた、国内PUBGプロゲーマーリーグ創立を目指す大会「PUBG JAPAN SERIES αリーグ予選」で『野良連合 Rosso Bianco』は3位通過を達成。

更にsm0o0ky選手個人としては、PJSα予選参加全プレイヤーの中で個人キル数1位という結果を残しました。


PJSα予選は上位成績20チームが本戦へと駒を進めることができ、その成績は試合のランク順位とキルポイントによって計算される。

PJSα予選のポイントルール

彼はPJSα6試合中に25キルをしたのだが、所属する『野良連合 Rosso Bianco』のチームキル数は48キル。つまりチーム内の半分以上のキルを彼が行ったということになる。

もちろんチーム制のシューティングゲームにおいて、キル以外にも重要な要素は多々あるし、ダウン→死亡という順序を踏むPUBGでは100%が彼によって生じたキルとは言えない。

しかし「大会という場において全チームの中で最もキル数を取ったプレイヤー」ということは、彼の個人技スキルを評価する材料としては充分だろう。

PJSα予選配信において彼のプレイがキレイに映っているシーンが無く、細かな紹介が行えないのが非常残念だが、彼のYoutube等には練習試合の模様などがたびたび公開されている。

彼の普段のプレイ動画から、「オブジェクトの使い方」「リーンの使い方」「ADS・腰だめの使い分け」など、撃ち合い技術を研究するのも良いだろう。


PJSα予選で優れた個人技を発揮したsm0o0ky選手。

日本チームは海外強豪チームと比べ、撃ち合い技術に差がある現状ですが、日本PUBG競技シーンの個人技水準を上げるキーマンとして期待ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。