【プロデータ】「アグレッシブに敵を喰い散らす鮫」SeaKingJAWSのデバイスと設定まとめ

「アグレッシブに敵を喰い散らす鮫」SeaKingJAWSのデバイスと設定まとめ


【SeaKingJAWS】プレイヤー情報

プレイヤーデータ
種別プロゲーマー

SeaKingJAWS

SeaKingJAWS

チームRascal Jester
SeaKingJAWS
なし
seakingjaws

使用デバイス
キーボードRazer BlackWidow Ultimate Stealth 2016 JP 緑軸
マウスLogicool G502
マウスパッドSteelSeries Qck
ヘッドホンSennheiser GAME ZERO ホワイト
マイクSennheiser GAME ZERO ホワイト
モニターLG 24GM79G-B 24インチ

【SeaKingJAWS】PUBG設定

ディスプレイ設定
画面表示モードフルスクリーン
解像度1920*1080
FpsCameraFov90
輝度100
画質設定
画面スケール120
アンチエイリアシング
ポストプロセス非常に低い
シャドウクオリティ非常に低い
テクスチャ
エフェクト効果非常に低い
植生非常に低い
描画距離非常に低い
コントロール設定
マウスdpi400
一般状態での感度52
運転時の感度50
ターゲティングの感度50
スコープの感度52
2Xスコープの感度49
4Xスコープの感度48
8Xスコープの感度48
15Xスコープの感度48

【SeaKingJAWS】経歴

SeaKingJAWSは元々H1Z1のプレイヤーで、過去に『BuhidouGaming』の一員として国内PUBGで実績を残し、「PUBG ASIA INVITATINAL at G-STAR 2017」に出場した選手。

その後、国内プロゲーミングチームである『Rascal Jester』とチームごと契約をし、現在までPUBG部門の選手として活動を行っています。

そして2018年1月20,21日に行われた、国内PUBGプロゲーマーリーグ創立を目指す大会「PUBG JAPAN SERIES αリーグ予選」で『Rascal Jester』は1位通過を達成。

PJSα予選2日目 5試合目での彼のプレイがクリップ化されていたので少し添え書きをしておくことにします。(全部映っていないので、時間指定リンクから観た方が良いかと思います)


残り4チーム10名、RJ生存メンバーはSeaKingJAWS1人のみという状況の終盤。(2時間24分~)

自チームは1人生存で残り人数が10ということは、他チームの平均生存人数は3人ということになる。(PUBGはどのチームが何人残っているのか、プレイヤーからはわからない)

またこの時点で『Rascal Jester』に付与される順位ポイントは660pが確定している。そして1位と他のポイント差は大きいが、3位と4位のポイント差はそこまで大きくない。

PJSα予選のポイントルール

他チームとの人数差があるので、他のチーム同士が倒しあうなどの外的要因を待つ立ち回りを行い、運よく順位が上がれば良しとするのも一つの手段である状況。

しかし、パルスの状況はRJにとって良いとは言えず、モタモタしている時間もなければ、移動している間にアッサリ殺されてしまう可能性も高い。

そこでSeaKingJawsはかなりアグレッシブな攻撃を仕掛け、平原でダウンしていた敵を1人、そして車両爆破によって2人と見事キルポイントを重ね、最終着順も3位に上げた。

結果的に最後の最後で3位と4位のポイント差の40pとキルポイント30pを確保し、『Rascal Jester』の予選1位通過に一つ貢献したと言えるだろう。


自分主導で終盤の展開を握ろうとした彼のプレーは称賛されるべきで、プロとして非常に魅せるプレーだったと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。