【プロデータ】「PUBGで目覚めし最多苗字」Satouのデバイスと設定まとめ

【プロデータ】「PUBGで目覚めし最多苗字」Satouのデバイスと設定まとめ


【Satou】プレイヤー情報

プレイヤーデータ
種別プロゲーマー

Satou

Satou

チーム野良連合 白虎組
Satou
なし
sssat0

※デバイス情報は準備中です。

【Satou】PUBG設定

ディスプレイ設定
画面表示モードフルスクリーン(ウィンドウ)
解像度1920*1080
FpsCameraFov103
輝度100
画質設定
画面スケール100
アンチエイリアシング
ポストプロセス非常に低い
シャドウクオリティ非常に低い
テクスチャ低い
エフェクト効果低い
植生低い
描画距離ウルトラ
コントロール設定
マウスdpi800
一般状態での感度47
運転時の感度40
ターゲティングの感度47
スコープの感度47
2Xスコープの感度47
4Xスコープの感度44
8Xスコープの感度42
15Xスコープの感度44

【Satou】経歴

Satouは『野良連合 白虎組』に所属するプレイヤー。

これまでSuddenAttack、SpecialForce2、Coutner Strike、AVAなど多くのFPSタイトルをプレイしてきており、FPS歴は7年目となるものの、大会実績を残した経験はありませんでした。

しかしPUBGに出会って彼は目覚め、Season5のアジア鯖SQUADのレートは2970、リーダーボード順位もトップ層としてシーズンを終え、PJSα予選最終戦では冷静な状況判断によるドン勝を披露しました。


PJSα予選2日目、最終試合である第6試合でのSatouのプレイ。(3時間41分~)

自身の所属する『野良連合 白虎組』と兄弟チームである『野良連合 Rosso Bianco』、そして『7th heaven』が生存人数それぞれ1人で残っており、Satouは家の中に居る『7th heaven』の存在には気が付いているという状況。※配信内勝者インタビューより

パルス範囲収縮が始まったが、アクションを起こす気配の無かった家中の敵に対して、Satouは「回復合戦を始めたな」という判断を下す。※配信内勝者インタビューより

そこからSatouはポジションの変更を行うのだが、これは2位以上になりやすい立ち回りであり、そして結果的に1位を取った要因となる。

というのも、家の中に居た『7th heaven』に対し、パルスの範囲の関係で少しだけダメージ的に有利な位置なのだ。※回復アイテムの数が仮に同数であった場合、遅れてダメージを受けるSatouが勝つ

問題はSatouが捕捉できていないもう1チーム、『野良連合 Rosso Bianco』が回復合戦を取るのか、安置を取りに来るのかどうか。

仮に敵が安置内に移動してくれば、小屋というオブジェクトを活かして有利な状況で撃ち合える。

そして全員揃って回復合戦になったとしても、これは所持アイテム数にもよるのだが、少しだけ有利な位置取りが出来ており、どちらに転んでも2位は固そうだ。

最終的に『野良連合 Rosso Bianco』は安置を取りに来て、Satouのほぼ一方的な撃ち合いによって撃破。それとほぼ同時に『7th heaven』も回復アイテムが切れたのか、パルスのダメージ管理が上手くいかず死亡。

予選1日目の前半時点では、絶望的なポイント状況だった『野良連合 白虎組』は、Satouの冷静な状況判断によって最終試合をドン勝で終え、1位の『Rascal Jester』と30pt差で予選2位通過となった。


PJSα予選で6試合中3回ドン勝を取った『野良連合 白虎組』。その最終試合のドン勝はSatouの立ち回りが刺さった結果でしょう!ナイスプレーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。