【PUBG】「APL Day3 Game3でドン勝!『OskarDragonz』所属のGramatic選手」APL SPLIT2 Day3インタビューまとめ

【PUBG】「APL Day3 Game3でドン勝!『OskarDragonz』所属のGramatic選手」APL SPLIT2 Day3インタビューまとめ


1月8日に行われた韓国の公式リーグ『APL Pilot Season SPLIT2 Day3』配信内、OskarDragonz所属のGramatic選手へのインタビューの翻訳記事です。

今記事もパブ速用にアフリカTVのくまさんが翻訳してくださったものを、ニュアンス確認などの打合せを重ね、パブ速で表現を適宜変えたものとなっています。

スポンサーリンク



インタビュアー

『OskarDragonz』Gramatic選手のインタビューです。おめでとうございます!OskarDragonzがSPLIT2に入って調子を落としたかなと思いましたが、今日は素晴らしい試合でした。感想はいかがですか?
嬉しいですが、淡々としてます。SPLIT2に入って成績不振によりストレスを感じてました。清々しい気持ちもありますが、これからがスタートだと思っています。

Gramatic選手

インタビュアー

Gramatic選手というと自信過剰ともいえるインタビューが目立ちましたが、ちょっとおとなしくなったような気がします。成績不振の原因は何だと思いますか?
メンバー同士のコミュニケーションが一番大きな問題だと思います。かなり修正できたと思ったんですけどまだまだでした。

Gramatic選手

インタビュアー

ラウンド3では湖沿いを走りながら八角を取って、数チームに攻撃を仕掛けていきました。誰のオーダーでしたか?

※八角は六角とも。形的には八角ですが、六角の方が浸透している印象です。

チームの大黒柱であるcoldoxygen選手のオーダーでした。そのあとは手当たり次第に撃ちました。

Gramatic選手

インタビュアー

終盤に『CJ ENTUS』を二人一組で攻め立てようとした場面がありました。当然『OskarDragonz』が勝つと思いきやkezwik選手とcoldoxygen選手がダウンしてしまいました。どんな気持ちでしたか?

『OskarDragonz』の前線の前に『CJ ENTUS』が4人いる(最も左側)状態。
この後『OskarDragonz』の前線2人は倒されてしまうが、残された2人で敵を殲滅しドン勝を取る。

前線が崩れても僕が残っていれば、そこから試合開始です!

Gramatic選手

インタビュアー

SPLIT2前のインタビューで「龍(ドラゴン)の降臨」お見せすると豪語していたのが印象に残っています。これからスタートですよね?
当然です!

Gramatic選手


『OskarDragonz』はSplit2を8位で終え、Split3予選ではワイルドカード争いまで残りましたが、惜しくも負けてしまいました。

またGramatic選手はファンサービスな発言が多く、とても好印象です。良いキャラをしていますw

配信録画はAPL Pilot Season Split2 Day3から観ることができます。

管理人

アフリカTVのくまさん、ありがとうございました。余談ですが、このインタビュー後のGame4のSoloラウンドではOskarDragonzの選手がドラゴンの降臨(ドン勝)をしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。