【PUBG】「無名の強豪『LSSi』所属のSumm1t選手」APL SPLIT2 Day1インタビューまとめ

APL SPLIT2 Day1インタビューまとめ


1月1日行われた韓国の公式リーグ『APL Pilot Season SPLIT2 Day1』配信内にて行われた、LSSi所属のSumm1t選手へのインタビューのまとめ記事です。

今記事はアフリカTV様がTwitter上で速報翻訳したものを、パブ速用にと再度翻訳して頂いた後に、ニュアンス確認などの打合せを重ね、パブ速で意訳したものとなっています。

私は韓国語の翻訳が一切出来ないので、今回大変有難い機会を頂きました。仮にインタビューがテキスト起こしされていたとしても、機械翻訳ではまだまだ正確な翻訳は出来ません。

また、競技シーンに詳しくない方は前提知識として下記を知っていた方が、インタビューを面白く読めると思います。

  • LSSiは実力はあるが、韓国であまりフォーカスされておらず、いつの間にか上位にいたチーム
  • APL(今大会)はマッチ順位以外にもキル数も総順位に関わっている
  • オーダー=指揮官のこと

スポンサーリンク

インタビュアー

無名の強豪チームと呼ばれているように、見事な1ラウンド目ドン勝でしたが、メンバーとどんな話をしましたか?
「まだミスが多い」というフィードバックをお互いにしました。

Summ1t選手

インタビュアー

1ラウンド目『esu』と対峙した際は危機的状況かと思われましたが、『OskarDragonz』が『esu』を捌いたお陰で、危機を脱したように見えました。それについてお聞かせください。

『LSSi』と『esu』が戦闘を行い、互いに好ましくない状況。
この後『OskarDragonz』が『esu』の背後からやってきて、『esu』を殲滅する。

その状況はもし『esu』に勝つことができれば、その後有利な立ち回りができると判断していたのですが、想定していたようにはいきませんでした。しかし結果的には『OskarDragonz』の皆様に感謝しています。

Summ1t選手

インタビュアー

『OskarDragonz』の介入がなければもっと有利になってたかもしれませんか?
はい、もっと(esu分の)キルを取ることができていたと思います。

Summ1t選手

インタビュアー

SPLIT1でもそうでしたが、『LSSi』はあまりキル数が多くないように思います。2位の『OskarDragonz』は14キルを獲得している中、『LSSi』は4キルでした。戦闘を避けながら安全な立ち回りが目立ちましたが、チームの戦術として意識していることは何ですか?
以前は私がメインオーダーを担当してましたが、今回から私がサブ、lunatic-hi選手がメインを担当するようになり、勝ちやすい移動経路の確保や交戦時の位置取りなどが、これまでよりかなり上手くいくようになりました。まだミスが多いですが…改善します。

Summ1t選手

インタビュアー

3ラウンド目にかけての意気込みをおねがいします。
まだミスが多いので改善したいです。改善できればキル数も上位のチームに並ぶことができると思います。

Summ1t選手


APL SPLIT2 Day1(インタビュー日)では『LSSi』が1位・3位・2位と総合首位を獲得しています。またSumm1t選手は過去に日本のプロゲーミングチーム『Sunsister』にOverwatch部門コーチとして在籍されていたようです。

またAPL SPLIT2 Day1の配信録画はSQUAD Round1(前半ほぼ雑談)SQUAD Round2,3/SOLOから観ることができます。

管理人

このような機会を頂いてアフリカTV様、本当に感謝です!話は変わりますが、インタビュアーのお姉さんメチャクチャ可愛くないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。