Twitterでプレゼント企画を行う際に気を付けるべきこと&パブ速公開記念プレゼントキャンペーン当選者

Twitterでプレゼント企画を行う際に気を付けるべきこと&パブ速公開記念プレゼントキャンペーン当選者


12月21日~24日の期間で公開記念のプレゼント企画を行ったのですが、その結果報告を記事化していなかったことと、Twitterでプレゼントキャンペーンを行う際には気を付けなければならないことがあったので、直接PUBGと関係無いですが運営誌としてまとめておきます。

Twitterでプレゼント企画を行っている&行いたい人は多いと思うので、厳正な抽選を行うため、トラブルを避ける為にも知っておく必要があると思います。

簡単なまとめ
  • Twitter抽選ツールは「最新の100RT」「過去1週間分のRT」の何れかもしくは両方からしか抽選できない
  • 最初の方にRTした人はそもそも抽選対象じゃなくなっている
  • つまり半月~1ヵ月など長期間の企画を個人でやるのはキビしい
  • 確実なのは通知欄からExcelにメモ(実際、ムリ)

Twitterでプレゼント企画を行う際に気を付けるべきこと

Twitter抽選ツールは限られたものしかない

現在使えるTwitterの抽選ツールはあたれらTweetdrawぐらいしか無いようです。

前者のあたれらは名前から見てもわかるように日本産で使いやすそうなのですが、広告が貼ってあるブログ運営者、Youtubeに広告付きで動画を上げている人、Twitchでサブスクやチアーを受けている人などが利用するのは規約でNGとなっています。趣味を超えた範囲での利用にあたるみたいです。

ということになると今回利用できるTwitter抽選ツールは後者のTweetdrawのみとなるのです。

当然私もTweetdrawを使って、キャンペーンツイートにRTしてくださった方を抽選する予定で企画をスタートさせました。

プレゼント企画内容について

「作ったばかりのサイト&Twitterアカウントのプレゼントキャンペーンってメチャクチャ胡散臭くてRTして貰えなさそう・・・」と不安だったのですが、最終的に115名の方にRTして頂けました。(現在は100RTピッタリに減ってます)

またパブ速に興味を持って頂ける方にRTして貰えたようで、キャンペーンが終わった後もフォロワー数はほぼ減りませんでした。つまりPUBGプレイヤーに応募して貰えたということですので、とても嬉しかったです。

ちなみに良いモノをプレゼントしたいなという想いがあったので、私が買ってきた製品の内PUBGプレイにおいて最もオススメできる製品としてHyperX Cloud Alphaをプレゼントに選びました。

しかしPUBGプレイヤーの方の為の企画ということであれば、ゲーム内スキンをプレゼントにした方がもしかすると良かったかもしれません。今後の企画の参考にします。

簡単に使えるTweetdrawには落とし穴が・・・

Tweetdrawの落とし穴というよりも、TwitterのAPI(サイトとかプログラムでTwitterを使えるように提供されているツール的な認識でOKです)の問題なのであたれらも含むのですが、RTを抽出するにあたって結構重要な記述を見かけました。

どう頑張っても最新の100件と過去1週間分しか取得できないのです。

引用:http://twirela.clarte.vivian.jp/?eid=29

要するに

  1. RT一覧を取得する
  2. RT検索

と、ランダムに抽選するためにRTした人を引っ張ってくる方法は2種類あるのですが

  1. RT一覧を取得する→最新の100RTのみ
  2. RT検索 →過去1週間分のRTのみ

ということになります。TwitterのAPIガイドを読みましたが、2017年12月現在でもそうでした。

この事に気づいた時点では既に30名を超える方がRTしてくれており、「万が一100超えたらヤベ・・・」と思いながら、既にRTしてくれた方に手間を掛けさせずなんとかする方法は無いか模索してました。

確実なのは手作業でRT者をメモしていくこと

何か便利なツールが無いか模索したのですが、結果そんなものは無かったです。プログラムでも組めば良かったのですが、サイトの更新作業にまだ慣れておらず、そこまで手が回りませんでした。

今回私が行った公開記念のプレゼント企画はクリスマスに合わせたかったので、約3日間という短期間に設定しており、RT検索の手法であればまぁOKだったのですが、まぁちょっと怖かったです。

なので、気づいた時点からTwitterの通知欄からRTしてくださった全ての方をExcelに手作業でメモしていくことにし、そこからランダムに選ぶというなんとも原始的な方法を取ることにしました。

結果的には100を超えるRTがあったので、Excelにメモしておいて正解でした。

しかしこれが200人、300人、1000人とかになってくるとExcelメモ手法はムリです。

Twitterのみでプレゼント企画をするのは結構手間かかる

以上の経緯を読んで頂けるとわかると思うのですが、Twitterで厳正なプレゼントキャンペーンを行うにはかなりの手間がかかり、安易な気持ちではできません。

企業が行うキャンペーンは恐らく専門の業者に管理を頼んでいるとは思うのですが、過去にあったサービスでは1日5000円掛かるなど、個人が行うには到底支払えないものです。

というかホントは企業もちゃんとやってるのか怪しいレベルです。だって一見完璧に抽選してくれそうなタダで使えるTweetdrawみたいなツールがあるんですから。

今回は「パブ速を作ったので見て欲しい」という趣旨がメインにあったので、フォロー&RTでのプレゼント企画としたのですが、今後やっていく上では何かより良い方法を考えないといけないなと感じました。

現時点では自前で定期的にRT者を取得して自動保存しておくプログラムを書くしか無いのかな~と思っています。他に何かあれば是非教えてください!

最後に今回の当選者は・・・

そんなこんなでパブ速企画第1弾の「パブ速公開記念プレゼントキャンペーン」に当選された方は

Shibaさんでした。おめでとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。