PUBGが荒野行動を訴訟した件について


件についての整理と思ったこと書いてます。

PUBGが荒野行動を訴訟した件について

訴訟云々は事実か

PUBG Corp.社 がNetEase社提供の『荒野行動』『Rules of Survival』アプリの配信差し止めを訴える訴状を米国カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所に提出したと海外メディアで報じられていました。

訴訟の事実関係についてはPUBG Corp.からは正式なアナウンスがなく、海外メディアの報道をニュースソースとしているのが現状。

そこで、こちらの報道に関して事実関係を確認するため、ファミ通AppがPUBG Corp.に問い合わせをしたところ、「提訴したことは事実である」という確認が得られた。
(中略)
また訴訟内容は、NetEaseの両タイトルは『PUBG』の著作権を侵害するものであり、これを根拠に配信差し止めと損害賠償請求を行うものであるという。
https://app.famitsu.com/20180406_1273093/

というように、訴訟自体は真実であるとのこと。

そして『荒野行動』がツイートしている「非公式の情報を信用しないで下さいますよう、お願い致します。」というのは、荒野行動の公式を装った偽のTwitterアカウント等で「〇〇日〇〇時に荒野行動サービス終了しまっす!」的な内容の発信が絶えないことに対してでしょう。

「PUBGの訴訟を信用するな」という内容ではないということですね。流石に企業ですから、そこまでおかしなことは言わないでしょう。恐らく。

訴訟内容

訴状に記されている類似点には“ゲーム開始前の待機エリア”、“飛行機から飛び降りてのゲームスタート”、“マップを構成する要素”、“武器種と武器アタッチメント”、“バトルエリアの縮小”、“勝利時に出てくる文言”など、多数のポイントが挙げられている。
https://app.famitsu.com/20180406_1273093/

となっており、ポイントなのはゲームルールに対してではなく、ゲーム内の各所にオマージュでは済まされない類似点があることについて訴えているという点。

訴えの内容は155ページに渡り、下記リンクから読むことが出来ます。

参考

『PUBG』訴状TorrentFreaks

『PUBG』はこれを基に『荒野行動』に対してアプリ配信の停止と損害賠償を要求しています。

また「回復不能な被害を被っている」としており、先日日本でも「PUBG Mobile」の商標登録出願をしていたこともあり、今後のスマホ展開の上で問題があるのでしょう。

PUBGと荒野行動はどちらが先にリリースされたのか

当然のことながら当サイトはPUBGプレイヤー向けのサイトなので、普段の読者方は『PUBG』が先なのか『荒野行動』が先なのかについて知らない人はいないはず。

具体的にどのような時系列なのかについては、この方のツイートに載ってる画像を参照してもらえれば良いでしょう。

『PUBG』は勝訴するのか

ただ『PUBG』が勝訴するかどうかは定かではないでしょう。

日本での訴訟となっていますが(PUBGはアメリカでの訴訟)、こんな事例があります。

参考

グリーvs.DeNAの釣りゲー訴訟の争点をまとめてみた――「似ている/いない」の判断基準@IT

結局のところ「DeNAにパクられた」と主張するグリーが勝訴することはできませんでした。

2つの作品が「似ている」といっても、それが「アイデアが共通する」「創作的でない部分が似ている」というだけでは著作権侵害にはなりません。「創作性がある表現」について似ていて初めて「著作権侵害」となります。

そうなると、どこからどこまでが「表現」で、どこからどこまでが「アイデア」なのか、という区別が非常に重要です。
これは、著作権事件でしばしば生ずる問題ですが、区別の手法は確立していません。

現職の知財高裁判事である高部裁判官も、「アイデアと表現の境界」は明確ではなく、事案ごとに判断するしかないと述べており(高部眞規子『実務解説 著作権訴訟』p.105)、まさに、本件でも、東京地裁は、三重の同心円を書くことは「具体的な表現だ」としたのに対し、知財高裁は「アイデアにすぎない」としていて、判断が分かれています。

私個人の意見としては、今回の事件では、知財高裁の判断が妥当だと思います。携帯電話向けのゲームにおいては、表現方法には一定の制約もありますし、釣りゲームに限らず、シューティングゲームにおいても「的」をイメージしたゲームは多数存在しており、両者の共通部分というのは「アイデア」の域を出ないか、あるいは「ありふれた表現」が共通するにすぎないと思われるからです。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1209/12/news139_2.html

著作権云々はかなりフワフワしているということがこの記事からもわかり、『荒野行動』サイドとしては類似点に対して「無人島に行くのに飛行機に乗るのは当然だろう」等、いくらでも言い訳は可能でしょう。

したがって裁判がどういう決着になるかは現状わからないという訳です。

米国の著作権云々に詳しかったり、米国でも似たような事例があれば是非コメントください。

『荒野行動』は悪なのか

『PUBG』は以前、『Fortnite』をリリースし『PUBG』のゲームエンジンの提供元でもあるEpic社に対して、ゲームエンジン提供元が類似モードを水面下で開発しリリースしたとして不快感を表明したことがありましたが、『荒野行動』はそんなレベルではないと思います。

『PUBG』は2018年1月にApple経由で苦情を申し立て、訴状も『荒野行動』へと送っていたようですが、『荒野行動』がそれを認めなかったため今回の件に発展することに。オリジナルに対してのリスペクトが無ければ、『荒野行動』もこのような対応は行わないことでしょう。

ただスマホゲーム→PCゲームという導線をこの半年間程担ってきたことだけは、PCゲーマーにとって真摯に有難いことだなぁという風には思います。
人が多くなければ対戦ゲームは楽しくないですし、良い競技選手も出てきにくいですから。

私はパブ速Twitterのタイムラインを結構眺めているのですが(近頃圧倒的なスピードで流れてしまうようになった)、『荒野行動』がきっかけで『PUBG』を知りPCゲームを始めたという人もよく見かけます。

2ヵ月前ほど、中国版『PUBG Mobile』がリリースされた際に遊ぶための記事を書くために2,3度プレイを行ったのですが、PCに比べて酷い操作性です。スマホはBR系ゲームにマッチしていない。(『荒野行動』も大体同じとTwitterでお聞きしました)

それでも『荒野行動』が爆発的に日本で流行っているのは、やはり友人と協力してゲームをするCo-op体験が楽しすぎるということに他ならないでしょう。

なので近い将来オリジナルのPUBG内。つまり『PUBG Mobile』→『PUBG PC』という導線でPCゲームに触れ、PCタイトルのe-sports競技人口が増えてくれれば最高だなぁと思いながら、昨日本件を眺めていました。

早く日本でも『PUBG Mobile』出てくれるといいなぁ。

30 Comments

匿名

PUBG Mobileが早く~ ほんとそれなんすよねー
元々スマホ開発をもっと早くしてたらこんな大ごとにならなかったろうに
年表から何から上手くまとまってて読みやすい

返信する
すかるのゲーム実況channel(δ)

ほんと早くモバイル版出しておいて欲しかったですよね

返信する
パブ速@管理人

ファミ通Appが行ったPUBGに対する問い合わせでは「訴訟内容は、NetEaseの両タイトルは『PUBG』の著作権を侵害するものであり、これを根拠に配信差し止めと損害賠償請求を行う」との回答を得たとしています。(引用文に追記しておきました。)

一方で海外メディア掲載記事を翻訳して掲載している各メディア記事では「両作品の配信及び開発の差し止め」としています。

私はファミ通Appの方が優れた記事だと思ったので、本記事では採用しています。

返信する
もこう

荒野行動というクソゲーはさっさとサービス終了してどうぞ。
そっちの方が公式もPUBGmobile出しやすいやろ。
荒野行動はよく頑張ったよ。お疲れ

返信する
匿名

ただスマホゲーム→PCゲームという導線をこの半年間程担ってきたことだけは、PCゲーマーにとって真摯に有難いことだなぁという風には思います。←紳士ぶってないで正直に意見を言えよ

返信する
匿名

こちらの管理人さんは知らないと思うからだとは思うけど、ダメージ被弾時の声と銃声のSEはPUBG から無断で使用してるというところもあるので、この部分に関しては完全にアウトだったりします。

返信する

訴訟されたアプリって突然アップルストアから消えるだろーから課金にはくれぐれも注意しないとね。

返信する
PUBG&フォートナイトプレイヤー

変に意地張ってないで早く消えろよ荒野行動
中国のパクリを日本の国民が必死に守ってるんだと思うとシュールすぎて草

返信する
匿名

ぶっちゃけPUBGと荒野行動って同じゲームのことだと思ってました(両方未プレイ)
先にPUBGは知ってたんだけどまさか荒野行動が違うゲームだとは思わなんだ

万が一こんな感じの認識が多数あることが証言されたら残念ながら荒野行動はダメかもしらんね

返信する
匿名

映画『バトル・ロワイヤル』のパクりがゲーム『PUBG』のパクりがゲーム『荒野行動』ですが、2018年4月下旬に映画『バトル・ロワイアル』の脚本家が荒野行動の日本主席監督プロデューサーになったということは荒野行動がなくなるよりPUBGがなくなる可能性が高いと思うんだけど、パブ速の方どう思いますか?

返信する
匿名

荒野行動って平気でパクってるのになんでまどストアにあるの?
中国製ってほんと胡散臭いから嫌い

返信する
匿名

PUBG自体が99%運のクソゲーだから、モロパクリの荒野行動とかいうゴミにすら負けるのも納得できる気がする

返信する

PUPGも荒野行動も中国がやってんだからどっちが消えようと関係ないと思う。
それに荒野行動はパクリだとしてもスマホ版で先に出たのは荒野行動だからねぇw
私は荒野行動派かな。

返信する
匿名

たとえ荒野行動の監督がバトロワの脚本家であろうと、パクリには代わりない、kun神の動画にもあるように、PUBGのゲーム性をパクってる時点でアウト、先に開発せずにそんな事いっても意味ない。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。